2020-06-10

自分たちの未来

新型コロナウイルスの世界的拡大により、僕らは生活スタイルの変更を余儀なくされています。これはコロナ以前への回帰を望む人にとっては不安でしかないのですが、未来を創る若者たちにとっては大きなチャンスとも言えます。

日本は、マクロ的な動き(経済危機、東日本大震災、少子高齢化、など)に合わせて、社会システムを変える必要があるにもかかわらず、古い価値観に縛られて、高齢者優遇の政策を続けてきました。しかし、このままでは未来を創る若年層に富が回らないので、確実に日本は衰退していきます。

このような状態のときにコロナショックが起こりました。これをきっかけに社会が大きく変わることが期待されましたが、公教育やビジネスにおけるテクノロジー活用がスムーズに進まない現状を見ると、今後も社会システムはアップデートされることなく、若者たちの負担が増え続ける可能性が高いと思います。

ただし、「若者たちがアクションを起こす」場合は、この限りではありません。「自分たちの未来は自分たちで創る」という意識を持った上で、様々なアイデアを誰かと共有し、それを起点として「自分たちの未来」につながるムーブメントを各地域で起こす。これにより、日本は良い方向に変わっていくのではないかと思います。

また、この動きを加速させるためには、最先端でビジョンを発信している人たちのパワーも必要です。僕はその中でも安宅和人さんが提唱している「開疎化」という考え方が好きです。これは「地方にチャンスが生まれる」という話でもあるので、地方指向の若者にとってはまさに必修科目と言えるでしょう。

なかなか先が見通せない状況ではありますが、その中でも思考停止することなく、日々可能性を模索し、できることから実行に移す。これが面白い未来につながるのではないかと思います。僕自身も、その一助になるように積極的にアクションを起こしていきます。