2018-10-23

熱くなれること

僕が情熱を持って取り組んでいることを2つ挙げておきます。

1つ目は、アクティブ・ラーニング・プログラム。具体的には、数学教育と藤岡ゼミです。前者で重要なのは、数学に関するディスカッションを通して、様々な考え方を共有することです。後者については、社会課題への挑戦を通して、「自分にもできることがある」ということを実感できるのがポイントです。両者に共通するのは「チームで取り組む」ということ。常に変化する時代においては、チームで走りながら考えることが重要になります。

また、新たなチャレンジとして「デジタルアートやオンラインゲームを媒体として生み出される共創空間を活用したアクティブ・ラーニング・プログラム(デジタルテクノロジーを用いてチームにおけるインタラクションを活性化させる)」を考えています。これにより、言語、文化、国籍の壁を超えてコラボレーションする機会を増やすことができるのではないかと思っています。

僕は教育について考えるとき、デジタルテクノロジーの視点も大切にしています。このスタンスを基にして、大学時代に「教育心理学・認知心理学・ユーザビリティの観点を用いた不登校児・障害児支援に関するオンラインシステムのインターフェースデザイン」という研究を実施しました。また、現在は「アクティブ・ラーニングにおけるデジタルテクノロジーの活用方法」に重点を置いて研究活動を展開しています。

2つ目は、音楽祭プロデュース。大学1年のとき、国際交流イベント「東北大学国際祭り」(スタッフとして参加)と音楽祭「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」(オーディエンスとして参加)を体感したことが転機となり、音楽祭プロデュースに取り組むようになりました(伊達ロックフェスティバル、松本ミュージックフェスティバル、安曇野国際音楽フェスティバル、など)。

今後は、「公教育で推奨されてきた音楽(クラシック音楽、吹奏楽、合唱、など)を市民、未来、テクノロジーという要素を組み込んで再構築した音楽祭(経済や身体機能の差に左右されることなく、みんなで体感しながら楽しめる音楽祭)を世界中の人たちと一緒に創る」というビジョンを実現するために、コラボレーションを大切にしながら前に進んでいきたいと思います。

音楽祭をプロデュースする際、自分の中でサブテーマを設定してきました。それは「学生と一緒に仕事をする」、つまり、「学生に体感しながら社会について学ぶ機会を提供する」ということです(これをコンセプトにして生まれたのが藤岡ゼミです)。彼らがこの体験を通して「自分も社会に対して何かできることがある」ということを実感し、それをモチベーションにして新しいアクションを起こせば、世界はもっと面白くなる。僕はそう信じています。