2017-10-01

藤岡ゼミ

今夏、「藤岡ゼミ」という学生対象の企画をスタートさせました。

目的は以下の通りです。
少子高齢化やテクノロジーの発展などにより、世界は目まぐるしく変化している。そのような先が不透明な時代において必要とされるのは、常に学び、多種多様な人々と協働して問題を解決する力である。それを向上させるきっかけの一つとして、松本市の社会課題について情報共有を行い、その解決策を考え提案する機会を提供する。
具体的には、松本市の社会課題に関する研究及び参加者による問題意識の共有を前提として議論し、解決策を考え、提案を作成します(松本市議会に請願・陳情という形で提出する予定)。

この企画のポイントは、「学生が主役である」ということ。彼ら自身が提案することに意味があります。自分の行動によって社会が良い方向に変わる。このような体験を積み重ねることで、自らの可能性に対して自信を持つことができます。

もう一つ大事なのは、「チームで取り組む」ということ。各自が強みを活かし、動きながら考える。テクノロジーを用いて、コミュニケーションを充実させる。随時、創出したアイデアを基に改善しながら思いを形にしていく。このスタイルを実践することで、参加者にコラボレーションの面白さを体感してもらいます。

意見交換をするだけでなく、チームを結成して行動を起こし、必要に応じて修正しながらビジョンの実現に向かって前進する。この重要性を多くの学生に伝えていきます。